安心を買おうみんなの自転車保険

大切なのは

誰にでも起こりえる自転車による事故を補償してくれる自転車保険。そんな自動車保険を選ぶ際にはまず気にしておくべきポイントが2つあるので、必ず比較しておきましょう。

» 詳細を確認する

ケース

毎日乗っている人も多い自転車ですが、自転車では一体どのような事故が起こるのでしょうか?これを知っておけば、自転車保険を契約する際にどの部分を手厚くするべきなのかがわかります。

» 詳細を確認する

その他でも

自転車保険は、その他の保険における契約内容によって不要な場合もあります。他の保険で特約を多く付けられている場合は、賠償額などを確認して足りない分を手厚くするのがおすすめです。

» 詳細を確認する

ギャラリー

使いやすいからこそ

自転車に乗る男性

手軽に乗れる

自転車はとても便利な乗り物です。
自動車のように、免許を取りに行く必要もなく、誰にでも気軽に乗れるものなので、老若男女を問わず幅広い世代の人が交通手段として使っています。
しかし、この利便性の良さは、逆に危険性の高さでもあります。
自動車のように免許制度がないので、そもそも運転技術に関する指導は受けることはほとんどありません。そのため、仮に運転技術が未熟であっても、誰にも咎められることなく乗れてしまいます。もちろん、道路交通法に違反した場合は、罰せられることもありますが、自動車と比較すればその数は圧倒的に少ないのです。そのため、安全に対する意識という点では、自動車を運転している時よりも低くなりがちな人が多いのです。
また、小さな子供やお年寄りの方でも乗れるのが自転車の良いところですが、他の世代と比較するとどうしても力が弱いため、急なふらつきや転倒など予期せぬトラブルも起きやすいと言えます。
このように、自転車は使いやすい乗り物である反面、注意すべきところが多い乗り物でもあるのです。

法律上の責任

自転車は、法律で考えると車という分類に分けられます。
車とは、自動車や二輪車、原動機付自転車などを含んだ大きなカテゴリになり、歩行者とは明確に区別されています。
そのため、不注意などによって歩行者とひいてしまった場合は、自動車と同じような処分が下されることもあります。
もし最悪、死亡事故になってしまった場合は、数千万を越える慰謝料が発生することもあるのです。そのため、もしもの備えとして自動車と同じように、保険に入る人が増えています。
自動車保険と同じように自転車保険に入っておけば、もし事故を起こしてしまい高額な慰謝料が発生しても、保険会社が補償してくれます。
ちょっとした不注意やトラブルによる事故は、加害者も被害者にも大きな傷跡となります。
特に慰謝料が高額になった場合は、どれだけお金を工面しても自費では難しいものがあります。加害者がもし払いきれないとなったら、被害者はもちろん加害者にとっても重すぎる負担がかかってしまうのです。そのため、自転車保険は自動車保険と同じように入っておかなければいけない保険だと言えます。